当店にて、「黒川じょん原画展~モノクロウムのハクチウム」を開催します。
 黒川じょんは、松本在住のイラストレーター。
 怪奇・幻想をモティーフに奔放なイマジネーションを緊密かつ周到に構成した作品は、
 ありふれたゲルインキボールペンで細密に描かれたもの。
 時にグロテスクな素材を扱いながらも、刹那的なショックを狙うのではなく不思議な物語性を持っています
 海外でも高い注目を集める黒川じょんの世界。
 松本では初の展示です。この機会に是非、ご覧ください。
 2018428日(土)~63日(日)
 観覧無料(1ドリンクご注文下さい)
 初日428日は作家在廊、21時まで営業します。
(黒川じょん プロフィール)
 1966年、秋田県男鹿市に生れる。
 小学生時代は青森県三沢市で過ごし、米軍基地で入手したアメリカンコミックや、つげ義春、楳図かずおなどの漫画を読み育つ。
 中学、高校時代にはフランスのコミック(バンド・デシネ)作家メビウスやHRギーガー、大友克洋などのジャンルのアートや漫画の影響を大いに受ける。
 秋田市の高校を卒業後、映画監督を目指して上京、専門学校に通い映像を学ぶ。
 1990年頃から、ゲルインキボールペンを使用し、主に怪奇幻想をモティーフにイラストや漫画を描き始める。
 同人誌や海外のオルタナティブコミック誌上での発表多数。同時に東京での企画展にも参加、展示も行っている。
 近年はポルトガル、フランス、アメリカ等にも発表の場が広がっており、今年5月には、パリで開催される展覧会「life or death」に作品ANGELが出展される。
 好きな映画は「ブリキの太鼓」「時計仕掛けのオレンジ」「地獄の黙示録」 
 好きな洋楽はローリングストーンズやドアーズ、ピンクフロイド。
 好きな食べ物はラーメンならびにカップラーメン(焼そば含む)。
 松本市在住。

 


千秋楽!!! \噂の「流し芝居」が、やってくる!/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
4月28日(土)20時30分開場、芝居は21時頃から15分ほどの予定
会場:books 電線の鳥
出演:だんな/前田斜め(語り・鍵盤ハーモニカ)
   かかあ/マサ(歌・ギター)
料金:投げ銭(入場無料、1ドリンクお願いします)
※晩酌セット(お酒+つまみ=1,000円)ご用意します。できればご予約を。
 一杯やりながら、流しが来るのを待ちつつゆるゆるお過ごし下されば幸いです。
 アルコールダメな方は、コーヒーなど他のドリンクをどうぞ。
※終了後、別会場に流れていきます。追っかけ可。
※4月28日は、当店での「黒川じょん・原画展 モノクロウム ノ ハクチウム」の初日(6月3日まで)。展示も合わせてご堪能下さい。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

松本で今もっとも気になるコンビ。
役者「前田斜め」とミュージシャン「マサ」。
昨年9月の駅前路上芝居「イオソ」では、
大型量販店の出店を素敵に茶化して見せた。
日本の伝統芸「浪曲」にも関心を寄せ、
give me little moreでの『雷電と八角』披露で観客の度肝を抜いた「斜め」。
熱いギターと歌、ピアノにドラムで聴くものすべてを魅了しまくる「マサ」。
この二人が、今回は「流し」というこれまた絶滅危惧の大衆芸能に寄せてきた。
といって企画先行じゃない、ライブで鍛えられた二人は地力と足腰が違うんでいっ!
15分の光芒、とくとご堪能あれ。

books 電線の鳥は、通常の土曜日は11時〜17時の営業ですが、この日は、「黒川じょん・原画展」の初日でもあり、営業時間を延長して、皆様のお越しをお待ち致します。
3月から始まった流し芝居も、この4月28日で千秋楽。当店に展示される「黒川じょん モノクロウムノハクチウム」の世界との化学反応も期待大!どうぞお見逃しなく!